1. 京都市勧業館みやこめっせ
  2. 会社概要
  3. 経営理念・方針

経営理念・方針

1.基本理念

 当社は、平成5年4月に京都市勧業館を管理運営する第三セクターとして、京都市、京都府、京都商工会議所、(財)京都伝統産業交流センター、(社)日本図案家協会及び金融機関を株主に株式会社として設立され、その設立趣意として「京都産業の振興と(市民の)生活文化の向上に寄与することを目的とし、この施設の持つ公共性、公益性の中に効率的経営感覚を持った運営を目指す」ことを掲げています。

2.経営方針

(1)経営目標

  1. ア より多くの市民、企業・団体に京都市勧業館を利用していただき、イベント・展示会・会議などの開催及びその他の事業を通じて
    1. (ア)市民の生活文化の向上
    2. (イ)伝統産業をはじめとする京都産業の振興及び観光振興に貢献します。
  2. イ 併設されている「京都伝統産業ふれあい館」の活性化、ミュージアムショップ「京紫苑(きょうしおん)」及び京都市のアンテナショップ「京都館」の運営を通じて、京都の伝統産業の発展及び観光振興に貢献します。
  3. ウ 「岡崎地域活性化ビジョン」(平成23年3月策定)及び「京都市MICE戦略2020」(平成26年10月策定)の実現に尽力するなど、京都市の発展に貢献します。

(2)企業行動の指針

  1. ア お客様を大切に、顧客満足度の向上を目指します。
    展示場・会議室を利用されるお客様には、そのニーズに応じたイベントなどを企画提案し、そのイベントなどに来場されるお客様(来館者)には親しみや楽しさのある感動空間を提供します。お客様には、「感謝」の心と「誠意」を持って笑顔で応対します。
  2. イ 効率的、効果的な経営を行います。
    最少の経費で最大の効果が上がるよう、無駄を省き各社員が常にコスト意識を持って仕事に当たります。また、無駄な残業を省くなど時間管理をしっかりと行うとともに、整理整頓に努め資材のロス、時間のロスを防ぎます。
  3. ウ 積極的な経営に努め、健全で安定的な経営を行います。
    「明日は今日の延長ではない」をモットーに、常にイノベーションを図って積極的な経営に努め、健全で安定的な経営を行っていきます。
  4. エ 地域社会との関わりを積極的に持ち、地域の発展に寄与します。
    会社は地域社会の中で存立するものであり、地域(岡崎)住民の理解と協力は欠かせません。岡崎地域との共存共栄を目指します。
  5. オ 自治体や各種団体との連携、ネットワークの構築
    当社の業務を推進するに当たっては、京都市・京都府はもちろん、(公財)京都伝統産業交流センター、(公財)京都文化交流コンベンションビューロー、(公社)京都市観光協会などとの連携が不可欠であり、一層連携を強めます。
  6. カ 社員は高い倫理観を持ち、コンプライアンス責任を果たします。
    当社は京都市の第三セクターとして設立されたものであり、公共性・公益性の高い会社です。当社の社員はそのことをしっかりと認識し、一般の会社員よりも高い倫理観を持たねばならず、コンプライアンスに対する責任もより重いものがあります。
  7. キ 人材を大切にし育てます。
    社員は会社の財産です。実務能力を高めることはもちろん、一社会人としての成長も果たさなければなりません。そのために、社内外での研修研鑽の機会を与えます。
  8. ク 風通しの良い会社風土をつくります。
    報連相(報告・連絡・相談)を徹底するとともに、社員が社内で自由に意見をいえる雰囲気づくりをします。
  9. ケ 環境問題、省エネへの取組を強化します。
    CSR(企業の社会的責任)として、環境問題や省エネへの取組が今や企業の存続に必須の要件であり、取組を一層強化します。
  10. コ 安心・安全への取組
    自然災害や人災などに対し十全の備えをするとともに、全ての社員に危機管理意識を持たせます。

関連ページを見る

  • 会社概要
  • 経営理念・方針
  • 沿革
  • お知らせ

ページの先頭にもどる